ETC、ETHとの「さらなる協力」を加速

90250186_s.jpg

 イーサリアムクラシック(ETC)BC(ブロックチェーン)のメジャーアップグレードであるアトランティスの導入が前倒しされた。このBCネットワークアップグレードの試験は現在、8月上旬ではなく2週間以内を予定している。メインネットのアクティベートは6週間後となる可能性がある。

 イーサリアムクラシックは7日の電話会議後、「合意がとれた。アトランティス(ECIP-1054)はまずテストネットのコッティとモーデンで十分な安定性を実証した後、850万ブロックでイーサリアムクラシックのメインネットに移行する」と発表した。

 このメジャーアップグレードの目的は、1月に51%攻撃を受けたイーサリアムクラシックの機能性と安定性を向上させると共に、「同種のBC間でのさらなる協力を推進する」ためにイーサリアム(ETH)BCとの相互運用性を強化することにある。念のため説明しておくと、イーサリアムクラシックは16年にイーサリアムBCからハードフォークして作られた通貨だ。

 また、15年にはイーサリアムのロードマップにメトロポリスという大規模アップデートが導入されたが、これは何度か延期した後、ビザンチウムとコンスタンティノープルに分割された。イーサリアムクラシックによると、アトランティスではイーサリアムのビザンチウムがイーサリアムクラシックに採用されるという。

 ETCラボのコア開発チームに所属するシェーン・ジョナス氏は、これらのアップグレードは既にイーサリアム・ネットワークで実装されているので、これが意味するところは「イーサリアムクラシックとイーサリアムの互換性向上であり、我々はチェーンを超えたさらなる協力に力を入れている」と説明した。

 イーサリアムクラシックは現在、時価総額(9億2700万ドル)でみて第18位の仮想通貨だ。直近24時間では2%強上昇、直近1週間では13%下落、直近1カ月間では40%上昇している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/ethereum-classic-to-accelerate-greater-collaboration-with-et-4019.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて