欧州の有名サッカークラブ、SLベンフィカが仮想通貨を導入

104681953_s.jpg

 スポーツと仮想通貨の融合から良いニュースが舞い込んだ。欧州のサッカーリーグで最も有名なクラブの1つ、SLベンフィカは「試合チケットとあらゆるベンフィカ商品」を「他のどのオンライン決済手段よりもより安く、安全で、早い手段で購入」するために仮想通貨を決済手段として受け入れ始めると発表した。

 しかし、SLベンフィカは同日に銀行口座に直接法定通貨で決済するため仮想通貨を手にすることはない。

 いすれにせよ、これが主要な欧州サッカークラブがウェブサイト、モバイル、アプリを通してチケット、服、様々なクラブ商品をオンラインストアで購入するためにビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ユートラスト(UTK)を受け入れる最初の例である。ポルトガルの強豪チーム、SLベンフィカはイーサリアムを用いたネイティブトークン、ユートラストを持つ仮想通貨決済企業のユートラストと提携する。

 SLベンフィカはユートラストの技術が同クラブの仮想通貨決済システムに安全性、利便性をもたらし、市場の変動性からの影響を防ぐとともに仮想通貨から法定通貨への素早い変換方法を提供する。

 「仮想通貨決済ソリューションのパートナーとしてユートラストのローンチはクラブのEコマース戦略を進化させ、世界中の観客層を広げるだろう」とSLベンフィカは述べた。「特に、ポルトガルと世界中に存在するテクノロジーに詳しいサポーターと仮想通貨保有者をSLベンフィカのホームグラウンド、エスタディオ・ダ・ルスにより近づけるだろう」

 同様に、ユートラストのCEO(最高経営責任者)であるNuno Correia氏は今回のパートナーシップは「ユートラストとBC(ブロックチェーン)エコシステム全体にとって1つの主要な節目であり、世界中に存在する1400万人のサポーターのために仮想通貨決済を利用可能にすることができ嬉しい」と述べた。

 実際、SLベンフィカは世界中に何百万ものファンを抱えており、彼ら全員が新しい決済手段、そして仮想通貨そのものに出会うことになる。これが長期的に仮想通貨の知名度、普及にどんな影響をもたらすのか気になるところだ。そして一般大衆だけでなく、他のサッカークラブ、スポーツクラブ、もしかしたらスポーツビジネスにも影響があるだろう。

 SLベンフィカのドミンゴス・ソアレス・デ・オリヴェイラCEOは今回の発表について「SLベンフィカの歴史においてワクワクする日」と呼んだ。彼はSLベンフィカはユートラストとの提携、そしてこれが「私達のEコマース戦略の進化」にもたらす可能性にワクワクしていると述べた。オリヴェイラ氏は多くのベンフィキスタ(SLベンフィカのサポーター)がデジタル通貨を利用していることを認識しており、「そのため、新しいテクノロジーの導入、サポーターに最良のオンライン経験を与えることに関しては、先進的でいたい」と述べた。

 一方で、以前報じられたように、他の有名な欧州サッカークラブであるユベントス、パリ・サンジェルマン、ウェストハム・ユナイテッドは独自のファントークンをローンチするために、サッカーファンのためのモバイルアプリであるソシオスドットコムと提携すると発表した。

 ソシオスドットコムのウェブサイトによれば、ファントークンは来シーズンより購入可能である。これらのトークンはソシオスドットコムを通して購入可能であり、同プラットフォームのネイティブトークン、チリーズ(CHZ)と交換可能である。ファンの人々はファントークンに変換するためにチリーズを購入する必要がある、とソシオスドットコムは説明し、続けて「フリー・ファントークンとチリーズはアプリが第3四半期初期にダウンロード可能になった後すぐに利用可能になる」と述べた。

 ソシオスドットコムは主要な仮想通貨取引所であるバイナンスと明かされていないアジアの仮想通貨ファンドからの出資も含め、6600万ドル以上の資金を調達したと主張している。

 これもまた報道されているが、トークンセールは若手育成、スタジアムの改善、選手とコーチの獲得のための資金を有しておらず、ビッククラブとの競争に苦しんでいる小さなサッカークラブにとって価値のある資金調達手段になる可能性があると推定されている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/european-footbal-giant-sl-benfica-said-yes-to-crypto-almost-4001.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて