マカフィー氏、「換金価値ゼロ」のフリーダム・コイン発行を計画

117241918_s.jpg

 有名な仮想通貨支持者でITセキュリティ起業家のジョン・マカフィー氏が、「換金価値はゼロだが広く受け入れられる」仮想通貨となるマカフィー・フリーダム・コインの発行を発表した。同コインは19年秋に公開される予定だ。

 マカフィー氏は、フリーダム・コインは「交換所の問題に正面から立ち向かうよう設計されている」と主張している。「独自のパラダイム」と新たな構造概念を用いるため、いかなる商品にも基づかず、いかなる外部資産の価値や挙動との結びつきも無く、「このコインの価値は他の通貨に対しては常にゼロだが、その生来の市場価値は完全に自由に成長する」という。

 マカフィー氏によると、この着想は「不安、欲望、市場操作、外部の経済状況の変動」とコインを切り離すというものだ。

 このコンセプト全体がどう機能するのかはまだ不明だが、今後公開されるフリーダム・コインのホワイトペーパーで詳細が明らかにされるはずだ。

 他の通貨に対する価値が存在しないようにするために「マカフィー・フリーダム・コイン」は仮想通貨交換所ではなく利用者のウォレット間で直接取引できるようになる、というのが最も理に適った予想だ。

 現在は削除されているが、最初の発表には次のようなメッセージが含まれていた。

 「マイニングはされない。ICO(イニシャル・コイン・オファリング)は行わない。投資家は探さない。交換所には上場しない。ホワイトペーパーを公開するまでこれ以上の情報は出さない。これは本当だ...それと、エアドロップもない」。

 この業界には多くの独創的な仮想通貨プロジェクトが存在する。しかしマカフィー氏の新コインは、エコシステムから為替市場を排除しようとし、プライベートな売買やP2P(ピア・ツー・ピア)のプラットフォームのみに頼るという点が特徴だ。

 仮想通貨交換所で取引されていない仮想通貨は多く存在するため、こうしたプロジェクトでは、独自性のある画期的なイノベーションを導入せずに独自の価値を生み出すとは主張しづらい。加えて、その価値が公開されていなくても、他の通貨に対する価値を持つ可能性は高い。

 また同氏は最近、プライバシーに重点を置いた「ビザ/マスターカードの仮想通貨デビットカード」を発行する予定だと発表している。報道によるとこれはすでに試験中だという。

 マカフィー氏は以前、サトシ・ナカモトの正体を明かすと約束しニュースになったが、自身が米国へ送還されそうになったという理由で公表はしなかった。マカフィー氏は、20年の米大統領選に向けた活動も行っている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/mcafee-to-launch-freedom-coin-with-zero-cash-in-value-3985.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて