中国で電力を盗んだ女性マイナーに4カ月の禁錮刑

117608346_s.jpg

 中国の当局は61歳の女性をビットコイン(BTC)のマイニング中に電力を盗んだとして4カ月の禁錮刑を受けた。また、Qiuping Tang氏は電力の盗難容疑で1万元(約1500ドル)の罰金刑も受けた。

 中国メディアによれば、中国の河北省の裁判所がタンシャン・パワー・サプライ・カンパニーによる訴訟に関する決定を下した。具体的には、Tang氏は18年1月から10月の間にビットコインのマイニング中に1300ドル分の電力を盗んだことで訴えられた。

●Tang氏のビットコイン・マイニングからの利益はたった940ドル

 ビットコイン・マイニングは大量の電力を使用するため、マイナーの間で電力の盗難がよく起こる罪であることは驚くことではない。

 中国の当局によれば、Tang氏は調整器とモバイル機器を含む4つのマイニング機器を使用し、盗んだ電力を利用していた。Tang氏はマイニング活動から約940ドルを稼いだが、電力コストは1300ドルであった。

 逮捕された後、Tang氏は自身の罪を白状し電力会社に返金も行った。また、彼女は中国政府に罰金も払った。Tang氏は訴訟を解決するために合計で3600ドル以上払った。

●厳しい処置が人々を驚かす

 今回の報道には驚くべきことがいくつかある。まず、61歳の女性が暇な時間にマイニングを行うほど仮想通貨に詳しいという点だ。

 これは驚くべきことだ(素晴らしくもある)。なぜなら、一般にイメージされることは仮想通貨は主にミレニアル世代で人気ということだからだ。少なくとも、最近の研究によれば米国と欧州ではそれが事実だ。

 二つ目の驚くべき点は、中国の当局が罪を白状し、政府に罰金を払い、電力会社に返金をした年配の女性に厳しい処罰を下したことである。当局が他の盗難を抑止するために力強いメッセージを送っていることは明らかだ。

●中国がビットコインマイニングを取り締まる

 CNNが報じたように、繰り返される詐欺行為と盗難の中、中国はビットコインマイニングを取り締まっている。中国政府が繰り返し抑止しようとしているにも関わらず、ビットコインマイニングは中国で人気を保っている。

 18年4月、中国の港湾都市である天津市の警察がここ数年において最も大規模な電力盗難事件で600ものマイニング用コンピューターを押収した。

 この盗難は地元の送電網を運営する会社が異常な電力消費の上昇を観察した後に発見された。その後の捜査によって、マイナーが電力の利用に対して請求が発生しないよう、ジャンクションボックスを不正に操作しメータを回避していたことが明らかになった。

 18年12月、台湾のビットコインマイナーが320万ドル分の電力を盗み1450万ドル分の仮想通貨をマイニングしたとして逮捕された。このマイナーは台湾中で偽の店舗を用いて17か所で違法な仮想通貨マイニングセンターを運営していたと訴えられている。

●安価な電力を求めイランに渡る中国人も

 実際、電力の盗難が中国のビットコインマイナーの中で一般的になったため、安価な電力を求め18年にイランに渡った者もいる。しかし、多くの人がイランの厳しい環境を見て簡単な場所ではないと考えた。

 電力に関する多額の補助金があるため、イラン政府は仮想通貨マイニング機器を国境の検問で押収している。その結果、2万個以上のアントマイナーA9を保有するマイニング工場を運営するFeng Liu氏によれば、マイニング機器はしばしば国境で押収されている。

 「マイナーが国境で拘束、押収されるリスクは非常に高い。イランの税関はこれまでに少なくとも4万個の様々なモデルの仮想通貨マイニング機器を押収したと言われている」

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.ccn.com/china-bitcoin-mining-jail-theft

This story originally appeared on CCN.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて