HTCがBTCフルノード搭載のBCスマートフォンを発表

9726086_s.jpg

 HTCのチーフ・ディセントラライズド・オフィサーのフィル・チェン氏によると、HTCは19年のうちに第二世代のエクソダス1・ブロックチェーン(BC)スマートフォンを発売する予定だ。

 近々発売されるエクソダス1sはより非中央集権的なブラウジング、メッセージ送受信、ソーシャルメディアアプリなどをサポートする予定だ。しかしそれだけではない。第二世代のブロックチェーンスマートフォンはビットコイン(BTC)のフルノードとして機能することができるとHTCは発表した。

 つまり、19年Q4までには300ドルほどのスマートフォンでBTCのフルノードを立てることができトランザクション承認も行うことが可能だ。

・BCスマートフォンがモバイルの非集権的インターネットを切り開く

 チェン氏とエクソダスのチームが描いているビジョンは、非中央集権的なウェブだ。金融資産を安全に自分の管理下に置くことを可能にするBC技術を使用し、BCスマートフォンはユーザーが自分の情報を安全に自分の管理下に置くことを可能にする。

 これはクラウドや集権的に管理されたサーバーを通ることなく、P2Pコネクションで情報の送受信することで可能になる、チェン氏は言う。

 現在自分の金融資産をオープンソースのBC上で安全に保管しているのであれば、データも同じように扱えるはずだ。懸念があるとすればストレージスペースとCPUパワーだが、こういった問題は数年のうちに解決されるだろう。

・WEB3.0、非中央集権のワールドワイドウェブ?
 ビッグデータを活用する大手IT企業は大げさでセンセーショナルな警告を発しているかもしれない。また大手メディアたちはテック企業に対して時に大いに偏見を持っているように見える。しかし自分のデータを自分の管理下に置くことを主張するのにはある理由がある。

 一番大きい理由は、自分のデータに対して価値がつくことである。自分のデータに価値があるとすれば、それをタダで提供するのではなく売ることができる。

 もう一つの理由はプライバシーの問題だ。もちろん我々はみな、アップルやアルファベットが彼らのプロダクトをどのように使うかのデータを取っていることを知っている。それに対してはデータを提供することで見返りを得ることで合意している。


 しかし私たちがしてほしくない監視まがいの行為についてはどうだろうか。それが政府によるものかサイバー犯罪者によるものかは関係ない。もし我々が自分たちで自らの発する情報のセキュリティや本人確認を行えるとしたら、そういった第三者は必要だろうか。

・BCスマートフォン上での完全に平等なネットワーク

 もう一つBCスマートフォンが提供しうるものは非中央集権的なソーシャルメディアプラットフォームだろう。透明性のあるアルゴリズムで動き、アカウントが中央の管理者によって止められたり、コンテンツが検閲されたりしないものだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.ccn.com/htcs-new-300-smartphone-exodus-1s-can-run-a-full-bitcoin-node

This story originally appeared on CCN.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて