韓国の交換所コインネスト、営業停止を発表

26045211_s.jpg

 かつて韓国国内で3番目の規模を誇った仮想通貨交換所、コインネストが営業を終了する予定だ。

 同交換所はウェブサイト内で、営業をすでに停止しており、顧客は4月30日までに資産を引き出す必要がある、と発表した。引き出しにかかる手数料や、最低引き出し限度を引き下げ、手続きが進めやすくなるように配慮しているようだ。

 営業停止の理由について詳しいことは明らかになっていないが、あるコインネスト関係者はコインデスクコリアに対して「今回のことは取引量が減ったという事実に対する自然な帰結だ。また規制に関する問題とビジネス上の決断が背景になっている」と述べた。

 今回の決定に先んじて、コインネストはこの1年、厳しい時間を過ごしてきた。18年はじめに、同社役員が詐欺の疑いで逮捕された後に有罪判決を受け、懲役刑と30億ウォン(250万ドル相当)の罰金刑を言い渡された。

 しかし、別のコインネスト関係者はその件と今回の営業停止との直接的な関係を否定している。

 コインネストは19年1月に500万ドルを誤って配布してしまうという事態を起こしていた。ウィー・ゲーム・トークン(WGT)を配布しようとしたが、コンピュータのエラーでビットコイン(BTC)やその他の仮想通貨が誤って顧客に渡ってしまったという。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/south-korean-crypto-exchange-coinnest-announces-closure

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて