ICOビジネスが減る中、ある仮想通貨企業の従業員が120人から50人に減少

80624809_s.jpg

 18年の仮想通貨市場の長期的な落ち込みは、ICO(イニシャル・コイン・ オファリング)に関するサービスを提供するある企業が18年の終わりに大半の従業員を解雇する原因になったようだ。

 15年に設立されたAmbisafeは仮想通貨産業で活動している企業に多くのバックエンド・ソリューションを提供しており、特にホワイトラベル・ウォレットやトークンセールのプラットフォームの提供を行っている。同社は取引サービス、スマートコントラクトの監査、モジュラー・ソフトウェア開発も行っている。

 「私達は自分たちをBC(ブロックチェーン)をベースにした金融市場のインフラ提供者だと考えています」とAmbisafeのCEO(最高経営責任者)、Andrii Zamovsky氏はコインデスクに語った。

 しかし、18年11月から12月にかけて、Ambisafeは大幅に縮小し、従業員数は120人から50人にまで減少した。

 同社のサンフランシスコ本社で15人の正社員の内10人が解雇され、ウクライナのオフィスでは60人の委託労働者の契約が更新されなかった。

 「あまりにも採用ペースが急でした」とZamovsky氏は述べる。「今では過去で引き受けたプロジェクトの内いくつかはやりたくないと思います」

 Zamovsky氏によれば、ICOブームの絶頂期には同社の収益は1か月当たり50万ドルまで増えた。米国の証券規制当局がICOの魅力を減らす中で、Ambisafeのビジネスは大幅に縮小した。

 同様の縮小はホショー、ブロックエックス、ネビュラスなどの他のICO関係のスタートアップでも起こった。

●まだ生き残れる

 Zamovsky氏はコインデスクに対して、月当たりの収益は現在10万ドル付近であり、同社はセキュリティトークンのセール(以前焦点を当てていた消費者志向のトークンセールではなく)に関係するサービスに焦点を移したと述べた。同社は現在、米国内で独自の取引所を運営するための規制当局の承認を得ようとしている。

 Zamovsky氏は以下のように述べる。

 「主要な教訓はセキュリティトークン・トレーディングへの移行が予想していたよりも遅かったということです。誰もがセキュリティトークンが未来であることは知っているが、あまり多くのことがまだ起きていません」

 コインデスクはAmbisafeの従業員何人かに連絡を取ったが、誰もが返信を断るか、返信しなかった。1人の元委託労働者はコインデスクに対して、契約が更新されなかったことで同社を去ったが、不満の理由は持っていないと語った。秘密保持契約が理由でコメントを断った者もいた。

 Zamovsky氏はコインデスクに対して、Ambisafeは各従業員と退職手当を交渉したと語った。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/as-ico-business-dried-up-this-firms-headcount-fell-from-120-to-50

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて