BC本の著者、中国はいつの日か人民元を仮想通貨に変える

11268088_m.jpg

 恐らく、中国以上にビットコイン(BTC)を抑え込もうとしてきた国は無いだろう。ICO(イニシャル・コイン・ オファリング)を阻止した後、中国政府は仮想通貨取引を禁止したが、今はビットコイン・マイニングに焦点を定めている。中国政府は仮想通貨のスピードを、特に中国において、遅めたかもしれないが、この列車は全速力で進んでいる。遅かれ早かれ、この列車に自分達自身も乗っていることに中国政府も気付くであろう。

 ブロックチェーン・リサーチ・インスティチュートのエグゼクティブ・チェアマン、ドナルド・タプスコット氏は人民元がBC(ブロックチェーン)へと辿り着くのは時間の問題だと示唆した。彼はブルームバーグに以下のように述べた。

 「20年以内に、中国でビットコインを利用するようにはならないでしょう。中国の人々は人民元を使います。人民元だけが仮想通貨になります。中国の中央銀行は人民元をデジタル通貨に変えるでしょう」

●中国政府は仮想通貨を意図的に攻撃している

 最近の中国への訪問の際にタプスコット氏は習近平国家主席が「BCが中国の未来にとって最も重要な2つの技術の1つである」と考えていることを知った。面白いことに、彼が真実を話しているとは思えない。ビットコイン取引の禁止について言えば、タプスコット氏はそれは「誤りだ」と述べる。

 タプスコット氏は続けて中国における「二項対立」を説明し、これは中国政府は仮想通貨を避けてきたが、BCは受容できるとみなしていることを指している。

 「政府は仮想通貨を攻撃することに非常に真剣だ」とタプスコット氏は述べる。

●中央銀行デジタル通貨

 中央集権型組織がBCを受け入れるのは仮想通貨を受け入れるよりもずっと容易である。中央銀行の管理を必要としない分散型通貨はどれも中央集権型組織の目的を脅威にさらす。IMF(国際通貨基金)のクリスティーヌ・ラガルド氏でさえも仮想通貨が「システムを動揺させている」と考えている。

●中国の仮想通貨受容は始まりに過ぎない

 一方で、独自の仮想通貨を持つかもしれない国は中国だけでない。「ブロックチェーン革命」というタイトルの自身の本で、タプスコット氏はカナダの中央銀行職員が「世界中の中央銀行が真剣に国の貨幣システム全体をデジタル通貨に移行している」姿を見たがっているという事実を指摘している。

 他方で、イングランド銀行のエコノミスト、アンドリュー・ホールデンが「CBDC(中央銀行デジタル通貨)を中央銀行が深刻な景気後退の中でマイナス金利を設定できないことに対する解決策として提案したことは有名」である。仮想通貨はまだ世界的な景気後退を経験していないが、それは時間の問題だ。

 しかし、フィナンシャル・タイムズのドン・ウェインランド氏は「現段階ではCBDCを真剣に検討している中央銀行は存在しない」と主張する。その代わり、彼はFRB(米連邦準備制度理事会)や国際決済銀行などからの「抵抗」を指摘する。

 それでもやはり、中国が独自の仮想通貨を考えているのなら、「ウイルスが広がっていること」は明白だ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.ccn.com/china-rmb-crypto-blockchain-author

This story originally appeared on CCN.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて