大手ビットコイン交換所ジェミニ、セグウィットをフルサポート

89361244_s.jpg

 仮想通貨交換所ジェミニは15日、セグウィット(SegWit)のフルサポートに対応したことを公表した。これは重要なビットコインコードの変更で、スケーリングの改善に道を開くものとなる。

 セグウィットを一部取り入れているビットコイン関連企業は多いが、ジェミニは、大手ビットコイン交換所としては唯一、「ネイティブ・セグウィット・アドレス」をサポートしている。仮想通貨のスケール拡大に役立つ、この新しいタイプのビットコインアドレスを取り入れている企業はまだ少ない。

 ジェミニの広報責任者であるキャロリン・ヴァディーノは、コインデスクに次のように語った。

 「われわれがネイティブ・セグウィット・アドレスの利用を選択したのは、ブロックスペースの節約や安全性の問題などさまざまな要因に基づいている。セグウィットの利用、サポート、採用が広がるにつれ、料金や待ち時間、ネットワークの混雑を減らすことに役立つだろう。」

 有益な変更としては、セグウィットの利用で、ビットコインが一度にサポートできるトランザクション数を増やせることだ。個々のウォレット、交換所はそれぞれ、新しいタイプのトランザクションのサポートを、個別にコード化する必要がある。また、ネイティブ・セグウィット・アドレスの追加には、もう少し時間がかかるため、この変更についてはまだ全面的には公表していない。

 しかし、恐らく起業家のウィンクルボス兄弟によって広く知られており、ビットコイン決済の将来像として推奨されている「第2層」技術である、ライトニングが可能になるという理由から、ジェミニはこの技術を部分的に取り入れたいと考えている。

 「セグウィット・トランザクションはまた、より高度な技術の基盤となっており、ライトニングネットワークが最も良く知られている。」とヴァディーノ氏は説明した。

 ジェミニによると、業界全体が完全にその変更を取り入れるには、まだ時間がかかるだろうとのことだ。

 「われわれは、いくらかの痛みを伴うだろうが、この変更を加えるには適切な時期と考えている。」とジェミニの編集者であるブライアン・キムジョンソン氏は、変更を公表したブログ記事で述べている。「特に一部のブロックエクスプローラーは、ネイティブ・セグウィット・アドレスを追跡できるが、サポートについてはソリューションごとに大きく異なる。」

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/gemini-is-now-the-largest-bitcoin-exchange-to-add-full-segwit-support

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて