コインベース、仮想通貨間取引をさらに11カ国へ拡大

117241696_s.jpg

 仮想通貨交換所のコインベースが、仮想通貨同士の両替・取引サービスをさらに11カ国へ拡大した。

 サンフランシスコに本社を置くコインベースは17日のブログ記事でこの情報を発表し、アルゼンチン、メキシコ、ペルー、コロンビア、チリ、インド、香港、韓国、インドネシア、フィリピン、ニュージーランドの顧客が仮想通貨同士の交換サービスを利用可能になったと述べた。

 コインベース・ドットコムと専門業者向け取引プラットフォームであるコインベース・プロの両者を通じ、サービスが提供されていると同社は述べた。

 今回の発表によると、コインベースは以前は2大陸32カ国で営業していたが、この事業拡大によって4大陸の計53カ国に進出したことになるという。

 これに関連し、18年には全世界で自社プラットフォーム上での仮想通貨同士の直接取引が従来の法定通貨-仮想通貨取引を上回ったと同交換所は説明した。

 コインベースの「検証済み」取引高では、仮想通貨同士の取引は18年8月時点では全体の41%を占めていたが、19年2月には全体の51%を占めた。

 コインベースは18年12月、一般利用者向けに仮想通貨間取引への対応を開始し、コインベース・ドットコムやアンドロイド・iOSアプリを通じた同サービスの利用が可能になった。それ以前は専門業者のみがこのサービスを利用可能だった。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/coinbase-expands-crypto-to-crypto-trading-to-11-more-countries

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて