ポリーチェーン、運用資産が1年弱で3億7600万ドル減少

38885784_s.jpg

 SEC(米証券取引委員会)に提出された新たな書類によれば、著名なベンチャー・ファンド、ポリーチェーンの3月末時点での運用資産が5億9150万ドルであることが分かった。

 これは同社の18年8月の提出書類が示していた9億6780万ドルから運用資産額が大きく減少していることを意味している。3億7640万ドル分の損失である。

 ウォール・ストリート・ジャーナルがポリーチェーンがもはや10億ドルを扱うファンドではないことを最初に報じた。

 ポリーチェーンは仮想通貨産業のスタートアップに出資する一流ファンドの1つである。16年にコインデスクが報じたように、コインベースの最初の従業員であるオラフ・カールソン・ウィー氏によって創業されたポリーチェーンは企業ではなくトークンに出資する最初のファンドの1つである。

 今回提出された書類の第2部はポリーチェーンが5つのファンドを有していることを示している。ポリーチェーン・マスター・ファンド、ポリーチェーン・マスター・ファンド2、ポリーチェーン・ベンチャーズ、ディフィニティ・エコシステム・ファンド、ポリーチェーン・オポチュニティーズ・ファンド1の5つである。

 また、暗号資産への投資は大きなリスクが伴うことも述べられている。

 「デジタル資産が購買力という意味で将来においてもその長期的価値を保つかどうか、主流の小売商人、営利事業によるデジタル資産決済の導入が進むかどうか、その保証はありません」

 ポリーチェーンは繰り返しのコメント要求に返答していない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/polychains-assets-drop-376-million-since-august-sec-filings-show

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて