世界一のユーチューバー、分散型配信プラットフォームに参加

48077478_s.jpg

 自身のユーチューブチャンネルに9300万人の登録者を抱える、世界一の独立系動画コンテンツクリエーターであるピューディパイことフェリックス・シェルバーグ氏が、今後はリノ・ネットワーク上で開発されたBC(ブロックチェーン)ベースの分散型配信プラットフォームのDライブで、「独占的」に配信を行うと発表した。

 しかし、ピューディパイ氏とDライブやリノとの契約における金銭面やその他の条件は明らかにされておらず、この提携がどれだけの期間続くかも不透明だ。また、この契約はライブ配信のみを対象にしているらしく、今回の提携でピューディパイ氏がユーチューブ上最大のチャンネルを放棄するわけではない。

 リノ・ネットワークは分散型の動画コンテンツ配信システムで、コンテンツクリエーターへの公正な報酬に力を入れている。DライブはリノBC上で開発された最初のdapp(分散型アプリケーション)だ。同ネットワークには、リノ・ポイント(LINO)というネイティブ通貨も存在する。

 LINOは仮想通貨交換所には上場していないが、Dライブ・ドットtvのサイトやDライブのモバイルdappで購入でき、1LINO=0.012ドルだ。同プラットフォームでのコンテンツ作成や共有、コメント、そしてコンテンツをホストするノードの実行でLINOを獲得できる。要するに、このプラットフォームはスチームとスチームBC上で開発されたdappと同様の働きをする。

 フェリックス・シェルバーグ氏は動画発表で、「個人的には、クリエーターを基盤とし実際にクリエーターを第一に考えるサイトというのは本当に素晴らしいと思う。Dライブには本当にワクワクしているし、ようやくまたライブ配信ができることにもワクワクしている」と語った。

 同氏は以前ユーチューブでライブ配信を行っていた。Dライブは現在、ユーチューブやツイッチ、ユーストリーム、ペリスコープといった人気の動画配信サービスに挑戦しようとしている。現在Dライブの月間アクティブユーザーは300万人で、活動中の配信者は3万5000人だ。

 バラエティ・ドットコムは、リノ・ネットワークの共同創業者であるウィルソン・ウェイ氏の「Dライブは互いに競い合うのではなく、互いを助け合うことでクリエーターに利益をもたらす場だ」「ピューディパイ氏は、クリエーターが苦しい作業と時間と労力から生み出す価値を昔から熱烈に支持しており、Dライブのビジョンを信じている」という発言を報じた。

 Dライブは収入の90.1%をクリエーターに分配しているため、他の配信者やコンテンツクリエーターもDライブには抗い難い魅力があると気づくかもしれない。残り9.9%はネットワークに貢献した人々に与えられる。少なくとも現時点では、同プラットフォームはクリエーターの利益から分け前を得てはいない。

 Dライブのチャールズ・ウェインCEO(最高経営責任者)は、「我々は何年もの間貢献を続け、旧来のプラットフォームが小さな会社から10億ドル規模の企業に成長するのを見てきた。しかし我々は代わりに何を得たのか?収益化ラインの悪化、不公正なコンテンツ宣伝、手数料の増加による収入の減少だ」と記した。

 「Dライブの使命は、革新的な報酬システムを通じてクリエーターと視聴者に力を与える、価値共有のライブ配信プラットフォームを作り上げることだ」。

 BCと仮想通貨、ソーシャルメディアは相性が良く、メディアプラットフォーム、検閲、コンテンツ作成に関する多くの問題を解決する可能性があると考えられている。

 つい最近、投げ銭アプリのティッピンが仮想通貨界隈のツイッターで人気を集めた。ウアビットはワッツアップ向け仮想通貨ウォレットを発表し、韓国の人気チャットアプリであるカカオトークの経営陣も同じような機能の導入を検討している。

 一方、ソーシャルメディア大手のフェイスブックも独自ステーブルコインの立ち上げを目指していると報じられた。

 リノ・ネットワークは17年7月に設立し、ベンチャーキャピタルから2000万ドルの資金を調達した。同ネットワークはコスモス(ATOM)の技術を活用している。

 ピューディパイ氏はET(米東部標準時)で4月14日午後1時にDライブでの最初の公式配信を開始する予定だ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/world-s-biggest-youtuber-joins-a-decentralized-streaming-pla-3666.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて