カナダの裁判所、麻薬密売人に対しビットコイン140万ドルの引き渡し命令

66153579_s.jpg

 カナダのトロントの裁判所が、30歳の麻薬の売人に対し、ダークウェブでの不法行為に使われた188万カナダドル(141万米ドル)相当のビットコイン(BTC)を没収するとの命令を出した。

 トロント・スターの報道によると、高等裁判所判事のジェーン・ケリー氏は3日、マシュー・ファン被告に対し281.41ビットコインを法務省に引き渡すよう命じた。この資産はトロントに渡されることになる。

 ファン被告は18年12月、銃の輸入を試みコカインなどの薬物を密売目的で所持していた罪を認めたという(検察の主張ではこの薬物はダークウェブのサイトに持ち込まれていた)。

 この報道で、ケリー判事は次のように述べたと伝えられている。

 「こうした違法な麻薬販売への支払いが、ファン被告のパソコン内のデジタルウォレットで発見されたビットコインを用いて行われたと考えるのは合理的な推測である」。

 トロント・スターの報道では、19年に行われた没収に関する審理で、ファン被告は自身のビットコインの全てが不法行為に使われていたわけではなく、一部は金の取引に使われていたと主張した。同被告はまた、ビットコインを様々な仮想通貨交換所で売却しているとも主張した。

 この結果、ケリー判事は3日の命令で288ビットコインのうち7.23ビットコイン(約3万6000ドル相当)については犯罪収益だとは「確信できず」、それらは没収されないと述べた。

 ビットコインを保有するパソコンが15年に押収されたファン被告への判決は、まだ下されていない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/canadian-court-rules-drug-dealer-must-hand-over-1-4-million-in-bitcoin

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて