18歳ハッカーが1500万円相当の仮想通貨を詐取

52910215_s.jpg

 日本において18歳のハッカーが1500万円(13万4640ドル)相当の仮想通貨モナコイン(MONA)を盗んだことが報じられている。

 モナコインユーザーが資金を保管できるプラットフォームであるモナッピー上で、上述のハッカーはシステムの不具合を狙い、短時間に大量の取引を開始した。

 18年8月14日から9月1日の間にこのハッカーは7700人のユーザーからモナコインを奪ったと報じられている。

●なぜ少年は仮想通貨プラットフォームを攻撃したのか

 ジャパントゥデイによれば、18歳のハッカーは警察に対してなぜモナッピーに一連のサイバー攻撃を仕掛けたのかについて説明し、「誰も知らない技を見つけたように感じ、ビデオゲームをやるような感覚で攻撃した」と述べた。

 報道によれば、この少年は一瞬に大量の取引リクエストを受けると発生するモナッピーの脆弱性を発見した。

 18歳ハッカーはモナッピーのシステムが大量の取引リクエストを受ける状況を利用しながら数十万ドル相当の仮想通貨を移動したと訴えられている。

 ジャパントゥデイの記事は以下のように述べる。

 「ハッカーはモナッピー上の仮想通貨を送金するための機能の弱点を利用し、短時間で送金を繰り返せばこのシステムに不具合を起こせることを認識していた」

 匿名化ソフトのトーアが使用されていたため、警察は犯人の捜索、特定に苦労したと報じられている。

 「ハッカーはトーアと呼ばれるソフトウェアを使用しており、これにより誰がシステムにアクセスしているのかを特定するのが困難になった。しかし、警察はモナッピーのサーバー上の通信記録を分析することで犯人を特定した」とジャパントゥデイの記事は述べる。

 モナッピーの運営者は今回の17日間のハッキングで資産を失った投資家に返済する予定であり、コールドウォレットで保管されていた資産は今回のハッキングの被害は受けていないとも述べた。

 ここ数年、コインベースやバイナンスなどの主要な仮想通貨取引所はユーザーの資産を保護するためコールドウォレット・システムを強化している。コールドウォレットはハッキングの際にも安全であるからだ。

 18年12月にコインベースは保有している全ビットコイン(BTC)の5パーセント、イーサリアム(ETH)の8パーセント、ライトコイン(LTC)の25パーセントを移動した。これは間違いなく仮想通貨市場の歴史において最も多額の同日内の資金移動だろう。

 「先週に約50億ドル相当(18年12月7日終わりの週での評価額において)の仮想通貨をBC(ブロックチェーン)上で第3世代から第4世代のコールドウォレット・インフラストラクチャーに移動し成功しました。私達の知る限りにおいては、これは史上最多額(米ドルにおいては確実に、恐らく金額においても)の仮想通貨の移動です」とコインベースは述べる。

 これから数か月以内に他の仮想通貨取引所やプラットフォームも洗練されたコールドウォレット・システムを導入し、ユーザーの資産保護、ハッキング対策をを進めると予想される。

●金融庁は警戒を強める

 注目を集めた18年1月のコインチェックのハッキングにおいて5億ドル相当の仮想通貨が盗まれてから金融庁は仮想通貨交換業者の審査に非常に厳しくなっている。

 日本国内では金融庁からライセンスを受けなければ仮想通貨交換所を運営できない。

 18年後半、約160社からの申請が保留中であり、金融庁からのライセンス付与が待たれている状況であることが明らかになった。

 金融庁は市場の成長を促すために仮想通貨部門を拡大してきているが、セキュリティ侵害やサイバー攻撃が続けば金融庁は仮想通貨市場を取り巻く政策を厳しくするだろうとアナリストは予想している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.ccn.com/how-an-18-year-old-hacker-stole-millions-of-yen-from-a-crypto-project

This story originally appeared on CCN.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて