米イェール大教授、BTCは素晴らしい価値保存手段でない

64908430_s.jpg

 イェール・インサイツはファイナンスと経営学の教授であるウィリアム・N・ゲッツマン氏との仮想通貨の到来についてのインタビュー記事を掲載した。そこでの議論はお金の目的と価値に焦点があてられた。この記事の中で以下のように述べられている箇所がある。

 「ビットコイン(BTC)の変動性は貨幣が広く使われるために必要な信頼性を築くことへの困難をよく表しているが、仮想通貨が普及しているという事実は従来の政府発行の貨幣があらゆる要求を満たしているわけではないということも示している」。

 ゲッツマン氏はQ&A形式で行われたインタビューの中で、ビットコインは価格が日々変化しているため価値を保存するための最良の手段ではないと述べた。ビットコインの変動性は一番の長所でもそして短所でもあり、人それぞれ解釈は異なる。それでも、ビットコインが価値保存手段として劣っているという主張は、「デジタル版ゴールド」として価値の保存がビットコインの主要な目的と唱える一部の人々を苛立たせるだろう。
 
 そのような人々は、貨幣の機能は富の保有が最も重要で、他の側面である利便性、そして他のすべての要素は二の次であると主張している。

素晴らしい貨幣でも価値保存手段でもない

 ゲッツマン氏は以下のように述べている。

 「どのような貨幣も満たさなければならない条件がいくつかある。まず、価値の保存手段でなくてはならない。また、価値の交換手段でなくてはならない。ビットコインはその価値が大きく変動するため、優れた価値保存手段とはいえない。今日100ドルであっても、2週間後には25ドルになっているかもしれない。この特徴を克服しなければ、ビットコインは優れた貨幣になることはできない」。

 もちろん、ゲッツマン氏は悪い意味での変動性にのみ言及している。市場が上向きの時には変動性に関する不満はあまり聞かない。市場の調子がとても良い時は、送金すれば、次の日には送金を受けた者もより多くの額を得ているからだ。

 そして、ビットコイン市場はいつも変動性があるものだと述べる筋の通った主張もある。変動性が欠点なのかそれとも特性なのかはその人の判断次第だ。変動性はトレーダーにとっては良いことだ。上向きの変動性は誰にとってもよいものだ。

BC(ブロックチェーン)が我々を昔の時代に戻す

 ゲッツマン氏のビットコインに関する理論で他に興味深い側面は、ビットコインは古典的な商売の方法と同じであるという主張である。現在の貨幣の誕生前は人々は元帳を利用して取引を行っており、実際に貨幣を交換するのではなく、商品とサービスにただ価値を割り当てていた。この取引方法がBCと似ているとゲッツマン氏は述べる。

 「ある意味では、物理的なプロセスによって移動可能な匿名の貨幣が誕生する前の時代に戻ることになる。これにはワクワクしている。なぜなら、このような価値保存手段、価値交換手段によって解決できる問題があるからだ」。

 もちろん、この主張は匿名性の高いモネロ(XMR)のような仮想通貨には当てはまらない。モネロや他のプライバシーコインの流動性はその匿名性によりビットコインよりもずっと高い。

 特定可能な口座と犯罪活動という組み合わせにより流動性は下がる。ドルはそのようなリスクに晒されていないが(コカイン付きの100ドル札を好きなだけ使用できるように)、仮想通貨の場合は異なる。

 例えば、イランでは特定のビットコインアドレスとは取引しない方が良い。

 ゲッツマン氏は法定通貨と比べた場合のビットコインの偽造行為への耐久性にも述べた。全体的に見ると、多くの人々と同じようにせいぜいビットコインは今のところ投機的資産と考えているものの、ゲッツマン氏のビットコインへの見解は中立的であるように見える。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.ccn.com/bitcoin-is-not-a-great-store-of-value-yale-professor

This story originally appeared on CCN.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて