パラダイム、テンダーミントの資金調達900万ドルを主導

36356634_s.jpg

 テクノロジー企業に特化したベンチャーキャピタルのパラダイムが主導して、ブロックチェーン(BC)に互換性を持たせるプロジェクトであるテンダーミントは、シリーズAで900万ドルの資金調達を行った。

 14日、テンダーミントの公表によれば、ベインキャピタルや仮想通貨ファンドのワンコンファメーションなども今回の資金調達に参加している。この資金調達により、テンダーミントのコスモス・ネットワークの継続的な開発やチーム拡大、「持続可能な」ビジネスモデルの構築を行う。

 資金調達の公表の1日前に、テンダーミントはコスモス・ハブという他のブロックチェーン(BC)との間に互換性を持つように設計されたBCを3年近くの開発時期を経てリリースした。コスモス・ハブはテンダーミントでは初めてとなるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)方式のBCだ。

 テンダーミントCEO(最高経営責任者)兼コスモスの関係者であるジャー・クォン氏は14日の公表は、「BCテクノロジーはスケーラビリティやユーザビリティ、ガバナンスなどに問題を抱えているが、信じられないイノベーションだ」と述べ、「コスモスの目指すところは、これらの制約を乗り越え、イノベーションの障壁を壊し、究極的にはインターネット・オブ・ブロックチェーン(IoB)、つまり非中央集権的で、独立し、スケーラビリティがあり、互換性があるBCをつくることだ」と付け加えた。

 テンダーミントは14年にホワイトペーパーを公開して以来、パブリックなBCプラットフォームをリリースするためにこの計画を示してきた。

 このプロジェクトは、仮想通貨取引所バイナンスで利用されているソフトウェア開発環境(SDK)やBCネットワークングとコスモス・ハブに使用されているコンセンサス・メカニズムであるテンダーミント・コアのような開発者向け製品をリリースしている。

 ベインキャピタルのパートナーであるサリル・デシュパンディー氏は「我々はいくつものBCが特定のユースケースに沿って使われていく未来を見越している」と述べ、「将来、BCの互換性を持たせるソリューションにより、既存のBC利用を後押しすると同時に、BCアプリケーションの爆発的な利用をもたらすだろう」と付け加えた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/paradigm-leads-9-million-round-for-cosmos-creator-tendermint

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて