BTCとアルトコイン、次の上昇に備える

97300770_s.jpg

ビットコイン(BTC)は重要なレジスタンスである1BTC=3900ドル割れで値固め中。

イーサリアム(ETH)は1ETH=135ドル割れで苦戦しており、XRP(XRP)は1XRP=0.310ドル越えで値固め中。

-13日、クリプト・ドットコム・チェーン(CRO)は40%、ゼットコイン(XZC)は30%超上昇。

 短期的な下への調整が終わり、ビットコインは1BTC=3830ドルと3850ドル越えに反騰した。BTCはさらに3880ドル越えに上昇したが、3900ドルのレジスタンスより上では勢いを得られずにいる。現在は3900ドル割れで値固め中で、買い方は目下上抜けを目指しているようだ。イーサリアムは1ETH=135ドルのレジスタンスを大きく下回っており、UTC(協定世界時)で13日午前8時時点で132ドルの重要なレジスタンスを試している。XRPは上昇し、1XRP=0.310ドル越えの良い態勢で安定した。

●ビットコイン

 過去2回にわたり、ビットコインは1BTC=3830ドルと3850ドルのサポート越えでほぼレンジ内の動きとなっている。3900ドルの突破を試みたが失敗している。とはいえこの動きは、近日中に3900ドルと3920ドルを超える可能性が高いことを示している。

 一方、下に動いた場合は3850ドルがサポートとして機能するかもしれない。さらに下落するなら重要なサポートである3800ドルに向かう可能性がある。

●イーサリアム

 イーサリアムは1ETH=135ドルのレジスタンス突破に苦戦しており、最近132ドルのサポートに向かって下落した。さらに落ち込むならば今後数時間で130ドルの重要なサポートに戻る可能性がある

 上値方向については、134ドルと135ドルが重要な壁となっている。135ドルを超えれば、140ドルのレジスタンス越えへ上昇する可能性が高い。

ビットコインキャッシュ(BCH)、イオス(EOS)、XRP

 ビットコインキャッシュは1BCH=130ドルのサポート下で安定し、現在は128ドル付近で値固め中だ。さらに上昇するには、130ドルと132ドルのレジスタンスを超える必要がある。そうならなかった場合、125ドルのサポートに戻るかもしれない。

 イオスは1EOS=3.70ドルのレジスタンスを超えられず、下落した。しかし3.60ドルがサポートとして機能しており、3.70ドルと3.75ドルに向かって上昇する可能性があるようだ。

 XRPはゆっくりと上昇し、現在1XRP=0.310ドルのサポートを超えている。0.314ドルと0.315ドルのレジスタンスに向かうには、0.312ドルのレジスタンスを超える必要がある。下値方向については、0.310ドルと0.305ドルが良いサポートになっている。

●13日のその他アルトコイン市場

 ここ数時間、クリプト・ドットコム・チェーン、ゼットコイン、マキシマイン(MXM)、コモド(KMD)、ビットコインダイヤモンド(BCD)、ヴィチェーン(VET)、エンジンコイン(ENJ)、クーコイン・シェアーズ(KCS)、エイオン(AION)、エレクトロニウム(ETN)、デジバイト(DGB)、バイトコイン(BCN)、ダッシュ(DASH)、キャッシュ(QASH)といった時価総額の小さなアルトコインの多くが10%超上昇している。中でもクリプト・ドットコム・チェーンは40%超、ゼットコインは34%近く上昇した。

 全体的に見ると、ビットコインは1BTC=3850ドル越えの良い位置で取引されている。しかし今後4000ドルと4040ドルに向かって着実に上昇する下準備として、3900ドルと3920ドル越えで勢いづく必要がある。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-and-altcoins-bracing-for-next-move-higher-3516.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて