IBM、仏商事裁判所書記官とBC利用で提携

89238261_s_仏裁判所.jpg

 フランスの裁判官書記官は間もなく、企業の法的地位の変更をIBMによるハイパーレッジャーBC(ブロックチェーン)上で行うようになる。

 14日のIBMの発表によれば、NCC(仏全国裁判所書記官協議会)プロジェクトはすでに4つの裁判所における書記官とITプロバイダーによる試験を行っており、19年前半のうちに本格的にプロジェクトの実施が行われる予定である。このプロジェクトの目的はフランスの商業・会社登記簿を管理している商事裁判所の書記官がより効率的に仕事を行うことができるようにすることである。

 書記官はIBMによるシステムを、企業が抱えている問題や担当裁判所の変更、企業名変更、新たな支店の開設などといった法的地位変更などの規制に関する情報を共有するために利用する。このような情報をアップデートするには様々な地域の連携が必要であるが、それこそがBCによってもたらされる「唯一の真の情報源」という特性が生かされる理由である。

 IBMによれば、試験運用において上述した情報の変更はわずか1日で完了した。システムのスピードと透明性を高めていけば、この技術によってフランスの商業・会社登記はEU(欧州連合)における技術的なリーダーになるとIBMは考えている。

 「このイニシアチブはフランスの司法部門における初の試みであり、規制の下にある専門家の変革を手助けるBCの役割を示す完璧な例だ」とIBMフランスのBC部門のシニアマネージャー、ヴィンセント・フォーニアー氏はプレスリリースの中で述べた。「BCはこのようなプロジェクトに最適で、書記官の業務を改善し、日々変化を遂げる書記官の使命に順応する」。

 NCC代表のソフィー・ジョンヴァル氏は今回のプロジェクトについて、「今日の多極化した、そして国際的に繋がった経済状況の要請と期待」に応えたものであると述べた。続けて同氏は、

 「私達は現実的でありながら、BCのような技術の発展に対しては先頭を走っていなければならない。技術の発展は私達の状況、使命、職務規則を反映した商事裁判所書記官と商業裁判所における司法の現代化に大きな可能性を与える」。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/ibm-scores-nationwide-blockchain-deal-with-frances-commercial-court-clerks

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて