コインベース、元ハッキングチームの従業員を解雇

113808993_s.jpg

 米仮想通貨取引所のコインベースは、買収したブロックチェーン(BC)分析企業のニュートリノの一部の従業員を解雇した。

 4日、CEOのブライアン・アームストロング氏が公表したブログによれば、コインベースとニュートリノは、現在働いている部署がどうかにかかわらず以前ニュートリノのハッキングチームで働いていた従業員を解雇する決断を行った。

 BC調査スタートアップのウェブサイトに記載されている3名(CEOギアンカルロ・ルッソ氏、CTOアルベルト・オーナギ氏、CROマルコ・ヴァレリ氏)の幹部を除いて、解雇された従業員の人数は不明だ。

 この公表は、2月19日に明らかになったコインベースのニュートリノ買収後に起きた批判を受けて行われたものだ。

 ニュートリノのトップマネジメントがハッキングチーム(政府にハッキング技術を提供し人権を侵害することで知られている)に参加していたことを理由に、ツイッター上ではコインベースのアカウント削除運動が広がっていた。

 アームストロング氏の4日の投稿によれば、「適正評価にギャップがあった。ニュートリノ製品の技術とセキュリティを評価している一方で、適切に仮想通貨会社としてのミッションや価値という軸からの適切な評価ができていなかった」。

 解決に向け、彼は「以前ハッキングチームで働いていた従業員(現在ハッキングチームに所属しているかどうかを問わず)はコインベースから解雇した。簡単な決断ではなかったが、我々のミッションとコンフリクトを起こしていた。」と結論付けた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/coinbase-pushes-out-ex-hacking-team-employees-following-uproar

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて