仮想通貨取引所シェープシフト、CFOを変更予定

108278812_s.jpg

 仮想通貨取引所シェープシフトは、組織刷新に向けて経営体制を変更する。

 シェープシフトは、現CFOジャスティン・ブリンコー氏の後任を探している。マーケティング部長のエミリー・コールマン氏によれば、ブリンコー氏は同社で新しい役割を担う予定だ。

 コールマン氏によれば、「シェープシフトは絶えず組織を発展させ、今後の急成長に備えている。このために、新しい才能やエキスパートを迎え入れる。ブリンコー氏にはこの組織刷新を率いてもらう予定で、同社で別のファイナンスエリアの役割を担う予定だ。」

 コールマン氏は、ブリンコー氏が将来どのような役割を担うのかについて詳細には語らなかった。

 2月11日週、シェープシフトの公表によれば、同社の商品であるハードウェアウォレットのキープキーとプライシング・トラッカーのコインキャップとの互換性の高い取引所に刷新する。

 シェープシフトは多数のブロックチェーンスタートアップがいる中で、仮想通貨が下火となっている中でリストラを断行した。1月、CEOのエリック・ヴォーヒー氏は同社の3分の1にあたる37名を解雇したと発表し、「このベア市場サイクルで、他社と同様に行った深く痛みを伴う削減」だったと述べた。

 厳しい市況に加えて、シェープシフトはレピュテーションの低下にも直面している。18年9月に同社が新サービスを導入した後に、ウォール・ストリートジャーナル紙が同取引所がマネー・ローンダリングに利用されているとの記事を記載していた。ヴォーヒー氏は「事実とは異なり欺瞞(ぎまん)だ」と異議を申し立てている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/crypto-exchange-shapeshift-is-looking-for-a-new-cfo

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて