<今日の仮想通貨市況>ビットメインの巨額損出などが売り材料に

97501444_s.jpg
 20日午前9時45分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=43万5366円(過去24時間比0.55%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万5901円(同3.56%安)、リップル(XRP)が1XRP=35.6円(同1.67%安)など売り優勢。ただ、週間ベースでは大きくプラス圏を維持している。

 19日は、BTCがレンジ相場を上抜けたことなどをきっかけに、コインチェックの経営再建期待が高まったマネックスグループ<8698.T>が大幅高となった他、不正流出を機に仮想通貨交換事業「ザイフ」事業をテックビューロから譲受したフィスコ<3807.T>も急伸し、BTCを中心に主要仮想通貨が買われる場面があった。一方、中国の仮想通貨マイニング大手・ビットメインが18年7-9月期にマイニング業界低迷を受け5億ドル(約550億円)の損失を出したと報じられ、次第に売りへ傾いた。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて