ルクセンブルクがBC上の証券に法的地位を与える法案を通過

90136533_s_ルクセンブルグ.jpg

  ルクセンブルクはブロックチェーン(BC)上で発行された有価証券に対して法的な地位を与える法案を通過させた。

 2月14日の発表によると、同法案は上院議会でわずか2人の反対に対して58人の賛成で可決された。

 7363番と名付けられた同法案は、市場参加者がBC技術を使用して証券を発行することに対して、法的な裏付けを与えるものとなる。

 「法案は投資家がより安心できるようにするものであり、仲介を少なくすることで証券の移動をよりスムーズにするものでもある」と同国上院は述べた。

 EUの一員であるルクセンブルクは2001年に発効された有価証券法の改正案として2013年4月に電子化された証券の発行の合法化を認める法律を施行している。

 上院は、今回の法案は近年の技術の発展を鑑み2001年の証券法をさらに改正するものであり、分散台帳技術、特にBC技術などの安全な電子署名技術を使用した証券の普及と規制を目的とするものである、と述べた。

 特筆すべきは、今回の改正で第18条a項が加えられることだ。同項には以下の記述がある。「口座保有者は、分散台帳や分散データベースなどの電子署名を使用した証券口座の所有、また口座内での有価証券の登録を行うことができる。それらの電子署名技術を用いて行われる連続した移動は証券口座間での移動と同等に認められる。そのような電子技術を用いた口座内に保有する証券は、本来証券の持つ交換可能という性質を損なわない」

 法案の通過に先んじて同法案の必要性を訴える資料は、BCを用いた証券は従来の証券と同じ地位を持つとしている。「今日、一番簡潔な方法はトークンという考え方を用いることである。この概念は、技術的に見れば、新たな種類のものであるが、法的な観点で見れば、従来の電子証券と同じ地位を持つ」と資料内で見解を述べている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/luxembourg-passes-bill-to-give-blockchain-securities-legal-status

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて