バイドゥがDApps開発向けにBCプラットフォームを立ち上げ

66238473_s.jpg

 中国の大手検索エンジンバイドゥ(百度)は分散型アプリケーション(DApps)の開発をより手軽なものにするためのブロックチェーン(BC)プラットフォームを立ち上げた。

 バイドゥ・クラウドでの公式による発表で、バイドゥBCエンジン(BBE)はDAppsをモバイルアプリと同じくらい簡単に制作することを可能にし、ストレージの増加とBCの発展を妨げているボトルネックをクリアすることが出来る、と述べた。

 BBEは同社の、ABC技術スタック(AI、Big Data、Cloud Computing)の一貫であり、顧客がBC技術を商業化するのをサポートする。

 バイドゥの知的クラウドプラットフォーム上でホストされる同システムは、モジュラBCフレームワークを使用し、スマートコントラクト、DApps開発のテンプレート、その他、開発をシンプルで迅速にする、マルチチェーンシステムを開発者に提供する。

 同プラットフォームは顧客がすでに所有しているプラットフォーム上にアプリを展開するためのサポートも行い、扱いやすく柔軟なサービスとしてのBCを利用出来るようにする。コンソーシアム型やプライベート型など様々なタイプのBCにも対応しているとのことだ。

 技術的には、BBEは、信頼の置ける開発環境、高いパフォーマンス、高い処理能力、スケーラブルなストレージ、クロスチェーンインタラクション、そして知的スマートコントラクトやスマートコントラクトのセキュリティ監査、の6つの特徴がある。同プラットフォームはデータのセキュリティやプライバシー保護にも気を使っている。

 消費者に対しては、クレジット、メータリング、決済などの機能を提供する。バイドゥは、同プラットフォームは500億を超えるトークン化された資産の認証も行うとしている。

 同社は18年9月にXuperchainというBCネットワークに関するホワイトペーパーを発表するなど、すでにBC技術に対して積極的な動きを見せていた。また、すでにフォトアプリと宇宙を舞台にしたゲームをリリーしており、中国版ウィキペディアのようなサイトをブロックチェーン上に保管している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/baidu-launches-plug-and-play-blockchain-platform-for-dapps

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて