日本最大手の銀行、20年にBC決済ネットワーク立ち上げへ

93291480_s.jpg

 日本最大の金融グループで世界第5位の資産規模を誇るMUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)が、BC(ブロックチェーン)を基盤とした決済ネットワークを20年に立ち上げようとしている。

 同社は12日、「20年上半期までに」プラットフォームを構築するため、米国に本社を置くフィンテック企業アカマイと共同で新会社を設立したと発表した。

 MUFGによると、グローバル・オープン・ネットワークというこのシステムは秒間100万件以上の取引を処理可能だという。同社はまた、このネットワークにIoT(モノのインターネット)とアカマイのクラウドコンピューティング・プラットフォームも組み込もうとしている。

 この新会社の資本金は2億5000万円(226万ドル)で、MUFGが8割、アカマイが残り2割を出資する。

 このネットワークは18年5月に発表されていた。アカマイは当時、このネットワークは経常支払の処理、ペイ・パーユーズ、マイクロペイメント、「その他発展途上のIoTを用いた支払処理」といった複数のサービスを提供する予定だと語っていた。

 MUFGはこれまでに、いくつかの用途でBC技術を調査している。18年11月には スペインの大手銀行BBVAやフランスのBNBパリバと共に、BC上で1億5000万ドルのシンジケートローンを実施する試験に参加している。

 17年12月にはNTTと共に国際貿易を改善するためのBC実証実験を立ち上げていた。同社は16年に、BCへの調査の一環として、MUFGコインという独自のデジタル通貨開発も検討している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/japans-biggest-bank-launching-blockchain-payments-network-in-2020

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて