<今日の仮想通貨市況>リスク回避一服で資金流入

31592850_s_米議会議事堂.jpg
 13日午前10時時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=40万3983円(過去24時間比0.83%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万3575円(同2.43%高)、リップル(XRP)が1XRP=33.8円(同1.60%高)など買い優勢の展開となっている。

 12日は米与野党が米政府機関の閉鎖の回避に向けて基本合意したことを受け、日中欧米株高が進むなどリスク回避が一服。仮想通貨関連では、マネックスグループ<8698.T>、SBIホールディングス<8473.T>、GMOインターネット<9449.T>が大幅高となり、仮想通貨市場への資金流入も活発化したようだ。

 この他、仮想通貨に特化した米資産運用会社「モルガン・クリーク・デジタル」が設定したブロックチェーン・ファンドに米バージニア州フェアファックス郡の年金基金2機関(警察年金システム、従業員年金システム)の出資が判明したことなどが話題となった。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて