サトシペイ、欧州出版大手とBC決済で協力

89158285_s.jpg

 マイクロペイメント技術を扱うスタートアップのサトシペイはヨーロッパの出版大手、アクセル・シュプリンガーとの提携を発表し、取り扱う商品に対してブロックチェーン(BC)を利用した決済を行えるようにする。

 英国を拠点とするサトシペイは、アクセル・シュプリンガーの商品決済に彼らの提供するウォレットを使用出来るようになると発表。同社のウォレットはステラBC技術を使用している。アクセル・シュプリンガー社はビジネス・インサイダー誌やディ・ヴェルト誌、ローリングストーン誌のドイツ版の版権を所有している。

 サトシペイは1月31日の時点で、同社のウォレットはアクセル・シュプリンガーのオンライン商品に統合され、仲介なしに機能する。そのため決済は消費者から直接出版社のアカウントに送られることになる。

 アクセル・シュプリンガーの副社長であるバレンティン・シューディエンスト氏は「BC決済は大幅に取引コストを削減し、商品を新たな形でマネタイズすることが出来る。」と述べた。

 この決済にはステラBCが使用され、ユーロやドルなどの変換をほんの数秒で完了する。

 14年に設立された同社は17年7月まではビットコイン技術を主に取り扱っていた。その後同年11月にステラ・ディベロップメント財団と共同で迅速で低コストのマイクロペイメント技術を扱うようになった。17年12月にはステラネットワークと完全に統合された。

 18年7月、サトシペイはロンドンの新興企業が上場するAIM市場に上場する事を発表し、ロンドン出身の暗号資産投資家ダニエル・マスター氏はおよそ65万ドルを投資した。

 アクセル・シュプリンガーは17年およそ40億ドルの売上げがあり、デジタルメディア分野がおよそ60%を占めている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/satoshipay-integrates-blockchain-payments-for-major-european-publisher

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて