ビットコインはさらに分散化、新しい研究で示される

93680243_s.jpg

 カナダの金融サービス会社、カナコード・ジェニュイティー・グループによると、ビットコイン(BTC)は複数の測定で、さらなる分散化を示したとのことだ。

 2月のレポートでは、ハッシュレート分布で測定したところ、初期のころはビットコインの分散化はそれほど進んでいなかったと当社は述べた。しかしここ数年で、マイニングチップ製造業者間の「競争激化」により、集中化が減少しているという。

 カナコードは2014年中旬に、マイニングプールGハッシュIOがビットコインハッシュレートの合計50%を制御し、潜在的な51%の攻撃(ハッシュパワーの大半を制御することで、悪意のあるユーザーが取引を潜在的に書き換え可能となる)に対して、最大の仮想通貨を「脆弱」にしたと述べた。

 しかし2019年は、一つのマイニングプールでビットコインのハッシュレートの20%以上を制御しているわけではなく、10~20%は5つのマイニングプール、合計ハッシュレートの10%以下を制御するのが残りのグループとなる。

 分散化で増加したビットコインは「基本的にポジティブな開発」であり、それに貢献するいくつもの要因があると同社は述べている。最も重要な要因は、「ASICs(アプリ固有の集積回路)が発展し、ビットコインマイニングチップのコモディティ化により、ビットコインマイニング報酬の競争拡大を遅らせている」とのことだ。

 例えばビットメインは、「アントマイナーS9に代わる有意義で優れた代替品を生産できない」ため、カナンクリエィティブとの競争が激しくなっていると述べている。

 競争はさらに続き、「カナンクリエイティブは、効果的にビットメインと競争できるマイナーに、幅広くチップを売るようになった」という。

 ARKインベストの研究を引用すると、この研究ではさらに、ハーフィンダルハーシュマン指数(HHI)によって測られるビットコインの集中化は、2013年の3000から現在の1200に、着実に減少していると述べている。

 1500以下のHHIは「競争が激しい市場」とみなされ、1500~2500のHHI指標は「市場集中度が中間程度」、2500を超えるHHIは「市場集中度が高い」とみなされるという。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/bitcoin-is-becoming-more-decentralized-indicates-new-research

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて