ユーロポールの調査により1100万ドルの仮想資産窃盗が摘発される

25220794_s_EUROPOL.jpg

 EUの法執行機関ユーロポールやイギリス警察、ドイツ警察の捜査により、36歳の男が仮想資産の連続窃盗の疑いで逮捕された。

 ユーロポールは1月23日、イギリス国籍の男がおよそ1134万ドル相当のアイオタ(IOTA)を18年1月から不正に獲得し、全世界におよそ85人の被害者がいる。

 同調査はドイツ国内におけるIOTAの窃盗報告が相次いだ18年から始まった。ヘッセン州警察は最終的にイギリス国内に容疑者がいると明らかにし、ユーロポールの欧州サイバー犯罪センターに率いられる形で共同サイバー犯罪対策部隊が捜査を開始した。

 英国南東部組織的犯罪対策ユニット(SEROCU)と国立犯罪対策委員会(NCA)も調査に加わった。

 調査により容疑者は現在は閉鎖されているウェブサイトのユーザーを狙い、IOTAウォレットの81桁のパスワードを盗んだという。

 ユーロポールは「被害者たちはしっかりとしたパスワードを生成したが、それらはサービス提供者によりバックグラウンドに保管されていた。その後犯罪者たちがそれらを使い被害者のウォレットから嘘のIDを使い作られた新たなウォレットに送金した」と報告した。

 SEROCUはオックスフォードで同容疑者を詐欺、窃盗、資金洗浄の疑いで逮捕し、コンピューターや電子機器を押収した。

 18年9月にはユーロポールが仮想資産のハッキングや強奪、マイニングマルウェアに関して警告を出しており、金融テクノロジーの発達により、これらのデジタル資産の保持者たちは急速に犯罪の対象になっていると述べた。

 同機関は18年4月にも900万ドルを、無名の仮想通貨やクレジットカードをフィンランドの取引所経由で使い、スペインからコロンビアへと送金し資金洗浄をした疑いで11人を逮捕している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/suspect-behind-11-million-crypto-theft-arrested-in-europol-led-operation

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて