取引量偽装で仮想通貨取引所CEOに懲役刑3年

91609632_s.jpg

 韓国の仮想通貨取引所コーミッドの取締役2名が取引量偽装と詐欺により懲役刑を言い渡された。

 コインデスク・コリアの報道によれば、コーミッドのCEOヒョンソク・チェ氏は横領などの罪で3年の懲役刑を言い渡された。また、ブロック・イン・プレスの現地報道によれば、もう一人のパク・モ氏は2年の懲役刑を言い渡された。

 裁判官によれば、18年1月、チェ氏は複数の口座を開設し数百万件に上る仮想通貨とウォンの偽造取引を行なった。

 コインデスク・コリアの報道によれば、韓国最高裁のアン・ソン・ジュン氏による裁判では、チェ氏はビットコインを外部ウォレットに送金したとのことだ。

 ブロック・イン・プレスによれば、偽造取引により4500万ドル近い手数料を取得しており、裁判所の判決によれば、「チェ氏は長期間にわたり多くの利用者を欺いただけでなく、仮想通貨業界の信用を失墜させた」という。

 報道によれば、チェ氏は判決を聞いた後に逮捕された。

 18年4月、韓国警察は詐欺の疑惑で仮想通貨交換所2社から4名の取締役を拘束。コインネストのCEOが含まれていることは明らかになっているものの、他の3名が誰なのかは明らかになっていない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/crypto-exchange-ceo-sentenced-to-3-year-jail-term-for-faking-trading-volume

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて