グレイスケールの新たな投資信託にステラ・ルーメン

101841241_s.jpg

 デジタル・カレンシー・グループ傘下のデジタル資産管理会社であるグレイスケール・インベストメンツはステラ・ルーメンの支援に向けて動き出した。

 1月17日の発表によると同社は、ステラネットワークの元となっている通貨ステラ(XLM)を投資家向けに、ステラ・ルーメン・トラストという単一資産投資プロダクトとして新たに取り扱う予定だ。グレイスケール社はビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ゼン(ZEN)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、Zキャッシュ(ZEC)などの仮想通貨をすでに単一資産信託として取り扱っている。

 同社のマネージングディレクター、マイケル・ソネンシャイン氏は「今回のプロダクトの新規取り扱いは我々のデジタル資産の領域を広げるものだ」と述べた。

 さらに彼は「グレイスケールは投資家たちに対してブロックチェーン関連商品へのアクセスを、牽引力とリソースをもって届けていく」と発言した。

 今回の発表の直前に同社は、ETCに対する51%攻撃を受けて既存の顧客に対し、ETCに対する投資が危機に陥っているわけではないため安心するよう求めていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/grayscales-newest-crypto-investment-trust-will-hold-stellar-lumens

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて