米ワイオミング州のBC法案、トークン化株券の発行を発議

63377562_s_ワイオミング州議事堂.jpg

 米ワイオミング州の議員が、BC(ブロックチェーン)技術を用いたトークン化株券の発行を許可する法案を提出した。

 ジャレッド・オルセン下院議員(共和党)とクリス・ロスファス上院議員(民主党)、その他6名の共和党下院議員は16日、「企業株券トークン」という名称の下院法案0185を共同で提出。紙の株券の代わりにトークン化されたデジタル株券の利用を許可する法改正を発議した。

 提出された法案には「企業株式の全てまたは一部を証明書トークンという形式で株券にしてもよい、と企業の内規や定款に明記することができる」と記されている。

 HB0185が可決すれば、株式の所有権を表す株券を電子的形態で保管し、その情報をBCやその他の監査可能なデータベースに入力することが可能になるという。この情報はその後、「発行会社、証明書トークン発行先の人物、譲受人に電子的に送信」される。

 このトークン化株券は、企業の役員か取締役2名によるネットワーク署名(一意の識別ハッシュ)によっても承認される。

 成立した場合、この法案は19年7月1日から施行されるという。

 ワイオミング州はBC活用に関する複数の法整備を率先して行っている。11日には規制サンドボックス内でのBC新興企業の運営を許可する法案を承認した。18年2月には、一部のユーティリティ・トークンを証券規制の適用外とする法案を満場一致で可決している。

 18年12月には同州のティトン郡が、土地登記簿を分散台帳上に登録するため、オーバーストック・ドットコム傘下のメディチ・ベンチャーズの子会社であるメディチ・ランド・ガバナンスとの覚書に署名した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/wyoming-blockchain-bill-proposes-issuance-of-tokenized-stock-certificates

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて