NZの仮想通貨交換所クリプトピア、ハッキング受けオフラインに

52910215_s.jpg

 ニュージーランドに拠点を置く仮想通貨交換所のクリプトピアが、大規模ハッキングを理由としオフライン状態となった。

 同交換所は15日朝にツイッター上でこの情報を発表し、「セキュリティ侵害を受け多額の損失が生じた」と述べた。

 被害に遭ったトークンや通貨、損害額、利用者への返済に関する情報はまだ発表されていない。

 サポートページやブログページを含む同交換所のウェブサイトは現在、完全オフラインになっており、「クリプトピアは現在臨時メンテナンス中。まもなく復帰予定」という通知が表示されている。

 Whale Alertというツイッターアカウントの13日のツイートによると、1月13日に19391イーサリアム(ETH)(約244万ドル相当)と約4800万セントラリティ(CENNZ)(約118万ドル相当)がクリプトピアから未知のウォレットに送金されていたという。この資金移動がハッカーによるものかクリプトピアによるものかは現時点では不明だ。

 また、クリプトピアはこのツイートの中で、ニュージーランド警察やハイテク犯罪班を含む関連機関に通報したと述べた。これらの機関は「連携し、この事件を重大犯罪として精力的に捜査すると共に、クリプトピアに助言を行っている」という。

 この発表ではさらに次のように記されている。

 「これらが進展するまで、クリプトピアはメンテナンスモードを保ち、取引を停止する。可能な限り迅速な解決に向け尽力し、あらゆる面で最新の情報を提供していく」。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/new-zealand-crypto-exchange-cryptopia-goes-offline-citing-major-hack

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて