米バーモント州政府、BC保険試験事業を立ち上げ

58468307_s.jpg

 米バーモント州が、キャプティブ保険(自社専用保険)産業向けのBC(ブロックチェーン)試験事業を立ち上げようとしている。

 バーモント州政府は11日、同州の州務長官室と金融規制局が、デジタルな記録管理、登録、規制処理における同技術の可能性を検証するための試験事業実施に関する覚書に署名した、と発表した。

 この試験事業では、州内のキャプティブ保険会社(自己補償を提供するために1社以上の親会社によって設立された認定保険会社)が、プライベートBC技術を用いて登録書と報告書を提出できるようになる。同州政府は現在、提出された書類の写しをデジタルと紙で保管している。

 バーモント州は、BCを通じて「透明性があり有効な」トランザクション記録を作り出し、従来の記録保管方法と比べコストを削減しようとしている。

 バーモント州で州務長官を務めるジム・コンドス氏はこの発表の中で次のように述べた。

 「この試験事業により、デジタル記録管理へのBC技術の導入が当州の規制処理を改善できるか否かが検証可能になる」

 同州政府はすでに、RFI(情報提供依頼)手続きを通じ、この試験事業に関する技術面・コンサルティング面の専門知識を持つ企業を探し始めている。

 RFIによると、バーモント州は米国におけるキャプティブ保険の主要市場の1つで、同州政府はこの分野で年間20-40社の新規企業を登録しているという。

 バーモント州はこれまでにいくつかのBCイニシアチブを立ち上げている。18年5月にはBCベースの有限責任会社設立を可能にする法案を可決した。18年1月にはサウスバーリントン市が、同技術を用いた不動産登記システムを試験するためにBC新興企業のプロピーと提携した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/vermont-state-government-launching-blockchain-insurance-pilot

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて