ビットメイン、技術責任者を新CEOに任命予定との報道

109185315_s.jpg

 仮想通貨マイニング大手のビットメインが、現在幹部を務めている人物を会社を率いる新CEO(最高経営責任者)に任命するかもしれない。

 サウスチャイナ・モーニング・ポストは10日、「この件に関する情報」を持つ人物の話として、現在ビットメインで製品エンジニアリング部長を務めるハイチャオ・ワン氏が、共同CEOを務めるジハン・ウー氏とマイクリー・ジャン氏の「後任者になる可能性がある」と報じた。

 報道によると、ワン氏はすでにチームを率いる職務をいくつか引き受けており、ウー氏とジャン氏は会長として残留し同社の重大事項について「最終的な決定権」を持つことになるという。

 ビットメイン・テクノロジーズ・ホールディングは現在、HKEX(香港証券取引所)への上場を目指しているが、18年11月にはウー氏が同社の取締役会から除名されたと報じられていた。

 しかしビットメインの担当者は当時、この取締役会の人事異動を否定し、コインデスクの問い合わせに対し「取締役の退任は行われておらず、共同設立者のジハン・ウー氏は引き続き共同会長として、共同CEOのマイクリー・ジャン氏と共に当社を率いていく」と答えていた。

 ビットメインは18年9月に提出したIPO(新規株式公開)申請について、まだHKEXの承認を待っている状態だ。しかし、HKEXはこの申請の承認に乗り気ではないようだ。協議に携わったある人物は18年12月にコインデスクに対し、HKEXは「業界の不安定さを理由として、ビットコインマイニング企業の承認をひどく躊躇している」と語っている。

 マイニング大手のビットメインは、リストラを含む一連の事業改革も行っている。18年12月にはビットメイン全従業員の半数以上が退職を求められたと報じられた。ビットメインのある従業員は当時、コインデスクに対しこのリストラを認めた一方で「現段階で正確な割合を算出するのは難しい」と語っていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/bitmain-poised-to-appoint-tech-chief-as-new-ceo-says-report

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて