ビットコイン強気に反転、4000ドル目指し上昇

102215976_s.jpg  ビットコインは18日に重要なレジスタンスを突破し、4000ドルを上回る強く見通しとなった。

 ビットコインは弱気な下降パターンから反転し、18日に3633ドルをつけた。それは、17年の最高値更新日である17日に、強気な価格となった後のことだった。

 17日の終値も、木曜日に確認された3590ドルを上回る、強気の3日間続伸となる可能性にまで上昇した。

 短期的に強気に見えるが、焦点は次の主要なレジスタンスレベルである4000ドル(心理的ハードル)と4410ドル(11月29日の高値)に移っている。

 ビットコインは、現在ビットスタンプで3750ドルで取引されており、19日には、過去2週間で最高値となる3776ドルに達した。ビットコインは、直近の安値となる3122ドルから20%回復したが、過去一年で比較すると、依然73%も下落している。


●日足チャート

 日足チャートでは、ビットコインの終値が3633ドルを上回った。14日間RSI(相対力指数)での強気のダイバージェンスと、大幅な下降ウェッジの上抜けが示されている。

 弱気な状態が弱まったことは、5日間EMA(指数平滑移動平均)と10日間EMAの間が強気で交差していることからもわかる。


●時間足チャート

 時間足チャートでは、18日に強気のフラグを上抜けし、3840ドル(上抜け価格に追加されたポールの高さ)まで回復した。

 上昇トレンドラインとSMA(単純移動平均)の積み上げ順の両方で、回復が今後も継続することが示されている。


●月足

 月足チャートの見通しとしては、現在5728ドルの21カ月EMAが、前回支持したレジスタンスを上回った場合は強気に転じるだろう。

●見解

 17日の終値は3633ドルを上回り、短期的な弱気から強気へのトレンド変化を確認できた。

 ビットコインは48時間後には、4000ドルの心理的フシを試すだろう。次の目標は4410ドル(11月29日の高値)となる。

 一日の終値が3633ドルを下回った場合、この強気なシナリオの可能性は弱まることになるが、短期的にはそうならないように見える。


(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/bull-reversal-bitcoin-climbs-key-price-hurdle-to-target-4k

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて