コインベース、一般ユーザー向けの仮想通貨の直接交換サービスを提供

105772044_s.jpg  17日、コインベースでは仮想通貨同士の直接交換が可能になると発表した。

 コインベースの商品開発マネージャーのアンナ・マリエ・クリフトン氏によれば、長らくプロ向けには同サービスを提供してきたところ、今回一般ユーザーにも提供を開始する。同サービスは、「コンバート」と呼ばれる機能を通じてウェブ以外にも、アンドロイドとiOSに対応する。

 今回提供するペアは「仮想通貨業界では一般的なもの」だが、幅広いユーザーへのサービス提供はされていない。

 クリフトン氏は「この機能により、ある仮想通貨を他の仮想通貨にユーザーが直接交換することができるようになり、高度化される」と述べた。

 クリフトン氏は、ユーザーからのフィードバックを元に、対応ペアを選んだと付け加えた。

 価格変動を狙った取引を行うプロ向けサービスとは異なり、一般ユーザーはより実用的な目的でこのサービスを利用する可能性が高い。

 例えば、ビットコイン(BTC)を購入したユーザーが分散型アプリケーション(Dapps)を通じて他の仮想通貨と交換する必要がある。

「最も驚きなのは、多くのユーザーが仮想通貨同士の交換を即座に行いたいが、2回の取引手数料がかかってストレスを抱えていることだ」とクリフトン氏は指摘する。

 まずはコインベースはコンバートを通じてビットコインと他の仮想通貨を交換可能にする予定で、ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、Ox(ZRX)とのペアを提供する。そして、追加ペアは今後のユーザーからのフィードバックを元に検討することになる。

 コインベースはこの1週間でこの機能を公開している。「徐々に」他国へも同サービスを展開する予定だ。

 クリフトン氏は、「この機能をブラッシュアップし続ける予定で、ユーザー数の増加がそれを可能にする」としている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/coinbase-adds-crypto-crypto-trading-pairs-for-retail-customers

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて