独大手証券取引所、仮想通貨取引プラットフォーム立ち上げへ

93757883_s.jpg

 ドイツ第2位の規模を誇る証券取引所、シュトゥットガルト証券取引所グループが、19年前半に仮想通貨取引プラットフォームの立ち上げを予定している。

 同社は12日、デジタル資産取引の技術基盤構築のため、現地フィンテック企業のソラリスバンクと提携したと発表した。ソラリスバンクはドイツで銀行業の認可を取得しており、シュトゥットガルト証券取引所のベンチャー向け提携銀行にもなる予定だ。

 シュトゥットガルト証券取引所のアレクサンダー・ヘプトナーCEO(最高経営責任者)は、「技術と銀行に関する専門知識の両方を持つソラリスバンクは、デジタル資産のバリューチェーンに沿った中央サービスを提供するための、素晴らしいパートナーだ」と述べた。

 このプラットフォームでは、まずビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の取引が可能になる。現在開発中のICO(イニシャル・コイン・オファリング)プラットフォームが稼働すれば、他のトークンにも対応する予定だ。

 シュトゥットガルト証券取引所の仮想通貨プラットフォームは、同社の証券取引プラットフォームと同様の機能を提供する予定で、機関投資家も個人投資家も取引を行えるようになる。提供される機能は、関連法を順守したオープン注文の予約と注文の執行などだ。

 シュトゥットガルト証券取引所は、自社の仮想通貨取引市場向けMTF(多角的取引システム)の提供について、規制当局からの承認も求めている。MTFとは、電子システムを用いて金融商品の売り手と買い手をマッチングさせる、一種の取引システムのことだ。

 シュトゥットガルト証券取引所は、仮想通貨とICOトークンの取引プラットフォーム、取引アプリのバイソン、そして仮想通貨のカストディサービスの立ち上げ計画を18年8月に発表していた。同証券取引所は当時、この取引アプリを立ち上げるのは子会社のソワ・ラボスで、立ち上げの際は手数料無料の取引を提供する予定だと語っていた。

 ソラリスバンクは12日、仮想通貨支払系新興企業のビットワラとも提携した。この提携は、ビットワラによるドイツ国内での仮想通貨銀行サービス提供を支援するためのものだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/bitcoin-price-charts-indicate-glimmer-of-hope-for-corrective-rally

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて