<今日の仮想通貨市況>SEC長官らのポジティブ発言相次ぐ

22919685_s_米議会議事堂.jpg
 13日午前10時40分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=39万1249円(過去24時間比0.88%高)、リップル(XRP)が1XRP=34.6円(同1.06%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万190円(同1.23%高)など買い優勢となっている。

 12日は、前日米国時間にクレイトンSEC(米証券取引委員会)長官が上院公聴会においてブロックチェーン(BC)技術は資産形成を促進できるなどの見解を述べた他、マネックスグループ<8698.T>の松本大社長が好調な米仮想通貨事業のノウハウを傘下で経営再建中のコインチェックに逆輸入したい旨の発言を行ったことなど、仮想通貨市場にとって前向きと受け止められるニュースが相次いだ。

 この他、仮想通貨取引所大手バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(最高経営責任者)がXRPは有価証券ではないとの考えを明らかにしたことも話題となった。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて