<今日の仮想通貨市況>BTCに買い戻し、BCH時価総額5位に再浮上

53997303_s.jpg
 10日午前9時30分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=40万9183円(過去24時間比4.18%高)、リップル(XRP)が1XRP=35.5円(同2.08%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万794円(同3.29%高)となるなど、前週末の軟調から持ち直しつつある。

 BTCは6日にSEC(米証券取引委員会)がVanEck版ビットコインETF(上場投資信託)の申請に対し最終判断を19年2月27日まで延期すると発表して以降、下げ幅を広げ、一時37万円割れと過去最安値圏となったが、マイナーの損益分岐点下限とされる3500ドル(約39万3860円)を割り込んだこともあり、売られ過ぎとの見方から買い戻しが入ってきているようだ。

 この他、前週末に時価総額7位に後退したビットコインキャッシュ(BCH)が過去24時間比6.76%高と反発し時価総額5位に回帰した一方、前週末に時価総額5位まで浮上したビットコインSV(BSV)は同1.47%安と反落し時価総額8位に後退している。

 著名投資家ウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所「ジェミニ」が8日、BCHの保管と取引に対応し、BSVは査定を続けるが現時点での取引対応等は未定と発表したことなどが、BCH買い、BSV売りの一因とみられる。また、BSVがネットワーク上で二重支払いができると指摘されたことなどもBSV売りにつながっているようだ。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて