<今日の仮想通貨市況>高安まちまち、G20には反応薄

g20_99462286_s.jpg
 3日午前9時28分現在の主要な仮想通貨は、ビットコインが1BTC=47万円前後(過去24時間比1.6%安)、リップル(XRP)が1XRP=42円前後(同1.3%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万3200円前後(同1.7%安)などとなっている。

 BTCは11月30日夕方から調整色を強め、ドルベースでは一時4000ドル割れとなったが、12月1日夕方には持ち直し、以降は4000ドル台で推移している。前週末のG20(20カ国・地域)首脳会議では、仮想通貨を用いたマネーロンダリングを規制する方針が打ち出されているが、市場の反応は薄かった。

 主要通貨は下げているものが目立つが下値は限定的で、全体的には高安まちまち。BTCから分裂したビットコインキャッシュ(BCH)、ETHから分裂したイーサリアムクラシック(ETC)、BCHからさらに分裂したビットコインSV(BSV)など「ハードフォーク通貨」の上昇が目立つ。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて