コインベース役員、ベンチャーキャピタルへ転職

105772044_s.jpg

 アメリカを拠点とする仮想通貨取引所コインベースから新たに1人の役員が去るようだ。

 21日のブルームバーグの報道によると同社のチーフポリシーオフィサー、マイク・レンプレス氏が新たにベンチャキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ社に転職するという。

 「コインベースが驚異的に発展していく過程でマイクは、法対策と危機管理に関わるポジションにおいて、我が社の法とコンプライアンス遵守に関し貢献、コンプライアンス遵守を通じて信用を向上させるという我が社のビジョンを推進させた。我々は彼の新たな会社での成功を祈っている」とコインベースは述べた。

 ここ数週間で何人かの貢献者がコインベースを去っていった。10月下旬にはトレード部門のトップだったハンター・マーガート氏がわずか6カ月で退職した。

 5人目の従業員としてコインベースに入社し、最古参の役員の一人であったアダム・ホワイト氏も同月に退職。彼は副社長とコインベース・インスティテューショナルのゼネラルマネジャーも努めていた。

 これらに伴い、新たな採用も行われてきた。9月にはファニーメイの役員であったブライアン・ブルックス氏をチーフリーガルオフィサーに迎えた。

 コインベースは18年、人材を採用したり引き留めるために、従来の福利厚生に加え、社員に対して年間最大5000ドルを補填する対策を取っている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/coinbases-chief-policy-officer-is-leaving-for-a-major-vc-firm

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて