大手交換所、新たに生まれたBCHの取引すでに開始

<img alt=.jpg" src="http://vc.morningstar.co.jp/uploads/89275533_s.jpg" width="848" height="565" class="mt-image-none" style="" />

 15日にビットコインキャッシュ(BCH)のブロックチェーンが分裂した後、いくつかの大手の交換所はすでに2種類のトークンを取り扱っている。

 当初予定されていたハードフォークは単なるネットワークのアップデートであったが、ビットコインSVがマイナーからの支持を得たことにより、優勢であったビットコインABCと競い合っている。

 15日の18時(UTC)頃に、当初はビットコインABCが優勢であったが、どちらのネットワークからもブロックが生成され始めた。コインダンスの情報によると、16日現在では、ABCがSVよりも34ブロックリードしており、ハッシュパワーの59%を占めている。

 16日のバイナンスによる発表では、BCHを保持するすべてのユーザーはすでにBCH ABCとBCH SVを受け取っているとされた。これら2種類のトークンは、異なるステークホルダーがそれぞれ、競争関係にある2種類のビットコインキャッシュを支持したことにより生まれた。

 バイナンスによれば、すべてのトークンは、11月15日4:40(UTC)時点を基準にした、1BCH=1BCH ABC、もしくは1BCH=BCH SVの比率で交換されるという。

 また、同社は16日午前8時から、ABC、SVそれぞれと、ビットコイン(BTC)、テザー(USDT)との交換を開始したと発表。しかしABCとSVの入出金は未だに保留とされ、この措置はこれらの通貨のブロックチェーンとウォレットが安定的に使用可能になるまで続くだろう。

 また、ビットフィネックスとポロニエックスも新たな通貨への転換をすでに実施している。

 ビットフィネックスは、

 「ABCとSVがユーザーの口座に無事入金された。BCHとして持っていたポジションも保持されている。BCHという仮想通貨シンボルはフォークが完了するまでは使われることはない」とツイートした。

 また同様にポロニエックスも、

 「我々はすべてのBCHをABCとSVに変換し終えた。BCH市場は現在閉鎖中であるが、ABC、SVそれぞれとBTC、USDコイン(USDC)の市場は動いている。ABCとSVの入出金はそれぞれ保留中で、ネットワークが安定するまではこの状態が続く」とツイート。

 コインマーケットキャップではすでに、1SV=109ドル、1ABC=293ドルとして掲載。ビットコインキャッシュも未だに1BCH=405ドルとして掲載中である。もしこのデータが正しければ、SVが1日で23%減少、ABCが1.2%上昇していることは注目に値する。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/major-exchanges-are-already-distributing-new-bitcoin-cash-tokens

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて