求人大手インディード、仮想通貨関連求人は人気健在

40190956_s.jpg

 雇用者と求職者によるBC(ブロックチェーン)や仮想通貨関連職業への関心は、この1年間で減少傾向にあると新たなデータが示している。

 リクルートホールディングス傘下の米大手求人サイトのインディードが、コインデスクに提供した情報によると、ビットコイン、BC、および仮想通貨に関する求人の検索は、17年10月から18年10月までの1年間で3.06%減少したという。

 一方、雇用主の関心を示す求人の数は同期間に25.49%増加した。

 統計は17年に見られたものとはまったく異なる様相を描いている、とインディードは述べた。

 16年10月から17年10月までの期間では求職者数は481.61%、求人数は325%増加した。

 インディード社のプロダクト部門シニアバイスプレジデンド、ライ・ムクヘリー氏はコインデスクに対してこう語った。

 「過去数年間にインディードは仮想通貨関連の職を探す人が一貫して増えてきた傾向を見てきた。我々のデータにが示しているのは、これらの求人検索はビットコインの価値がピークを迎えた時期に集中しているということだ。それ以来、求職者数は減少傾向にあるが、依然として強い。」

 10月にグラスドアが公開したレポートによると、17年8月から18年8月にブロックチェーン関連の求人が米国内で300%増加した。

 また平均的なブロックチェーン関連職の給与は61.8%増の年間で84.884ドル(約960万円)とグラスドアは述べている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/crypto-job-interest-still-strong-despite-decline-says-indeed

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて