<今日の仮想通貨市況>BTC6000ドル割れ、XRP時価総額2位に浮上

93680243_s.jpg
 主要仮想通貨は全面安となっている。ビットコイン(BTC)が15日序盤にドルベースで1BTC=6000ドルを割り込み、年初来安値を更新。市場心理が悪化し、午前9時30分現在では、ビットコインが1BTC=65万444円(過去24時間比9.94%安)と急落している。

 また、この急落相場の中でリップル(XRP)が時価総額2位に浮上したが、1XRP=53.4円(同7.51%安)とさえない。同3位に後退したイーサリアム(ETH)は1ETH=2万669円(同11.84%安)と2ケタ下落。ハードフォークを16日に控え、一部取引所大手がビットコインキャッシュ(BCH)先物取引の停止と強制清算の発表をきっかけに売りが加速したBCHが1BCH=4万9658円(同14.81%安)と大きく下落している。

 一部のマイナーがハードフォーク後のBCHに乗り換えるため、BTCを売っているとの見方も出ている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて