グーグルのツイッター公式アカウント、仮想通貨詐欺のためハッキング

30767832_s_googl-twitter.jpg  グーグルが所有する認証済み公式ツイッターアカウントが、仮想通貨「無料配布」詐欺を行うためにハッキングされた。

 ツイッターユーザーの@B_u_r_t_o_n 氏が13日、グーグルの生産性向上・協業ツールであるGスイートのアカウントによるプロモツイートを発見、削除される前にそのスクリーンショットを投稿した。

 このツイートは偽の無料配布を通じてツイッター利用者を騙そうとするもので、「下記のアドレスに0.1‐2ビットコイン(BTC)を送金し、1‐20ビットコインを手に入れよう!」と宣伝していた。

 報道によると、グーグルとツイッターはこの件を認め、調査を行っているという。

 ビジネス・インサイダーによる報道で、グーグルの担当者は「13日朝、Gスイートのアカウントから不正なプロモツイートが拡散した。我々はこのツイートを削除し、現在ツイッターと共に調査を行っている」と語った。

 ツイッターの担当者も、Gスイートのアカウントは「不正アクセスを受けており、引き続き事態を入念に監視していく」と語ったという。

 今回のニュースは、仮想通貨詐欺を宣伝するために認証済みのツイッターアカウントが不正アクセスされた新たな一例に過ぎない。11月にはスペースXやテスラの創業者であるイーロン・マスク氏に成りすますため、米国の議員、映画会社、出版社のアカウントが乗っ取られている。

 米小売大手のターゲットのアカウントも13日に同じ目的でハッキングされた。

 同社は次のようにツイートしている。

 「13日早朝、当社のツイッターアカウントが不正アクセスされた。このアクセスは約1時間半続き、この間にビットコイン詐欺に関する偽ツイートが1件投稿された。現在はアカウントのコントロールを取り戻しており、ツイッターと密接な連絡を取りながら調査を行っている」

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/official-google-account-hacked-in-latest-twitter-crypto-scam

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて