CFTC委員長、分散台帳技術は市場の監視に役立つ

57791091_s.jpg  CFTC(米商品先物取引委員会)のJ・クリストファー・ジャンカルロ委員長が7日、金融技術の発展はデリバティブ市場の規制強化に役立つかもしれないと発言した。

 ジョージタウン大学で開かれたD.C.フィンテック・ウィーク・カンファレンスで講演したジャンカルロ氏は、DLT(分散台帳技術)や、特に同氏が「量的規制」と呼ぶ規制プロセスの自動化におけるDLTの活用法について演説した。  この自動化により、規制当局はコストを削減しつつより効率的に市場を監督できるようになるという。

 「取引市場での(金融)技術の活用を考える際、取引の約定・処理・精算・決済の効率化やコスト削減に自動化がどう役立つかを検討するのは想像の飛躍とは言えない」「実際、データを標準化して市場参加者や規制当局に配信するためのDLTに着想を得たシステムを取り入れることで、大部分の標準作業を機械が管理する世界が見えてくる」と同氏は語った。  ジャンカルロ氏は続けて次のように述べた。

 「規則集がデジタル化される、コンプライアンスの自動化が進んだりスマートコントラクトを通じて事業活動に組み込まれる、リアルタイムのDLTネットワークを通じて規制上の報告を行う、といった未来も想像できる。CFTCのコンピューターはそうしたシステムを通じてもたらされるデータを利用・分析し、規制上の要件を送信できるようになるだろう」  そのような環境に移行することで、CFTCはより迅速にリアルタイムでデータを分析できるようになり、特定の規則や措置が与える影響をより容易に測定できるようになる。

 ジャンカルロ氏は続けて、「その後は必要に応じて最適な結果を得られるよう規則を調整できる」とし、車の制限速度を例として挙げ、制限速度は静的だと語った。

 「制限速度で解決しようとしている2つの規制上の目的は、安全と円滑な交通の流れだ。道路や天気の状態を測定する動的な制限速度が表示されれば(デジタル画面を想像してほしい)、安全目標を満たすために雨天時には制限速度を引き下げたり、安全を実現しつつ交通の流れをより効率的にするために交通量の少ない晴れた平日の午後には制限速度を引き上げることができる」と同氏は説明した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/cftc-chair-says-distributed-ledger-tech-can-aid-market-watchdogs/
This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて