スペイン大手銀行、イーサリアムBC上で1億5000万ドルのシンジケート・ローン

61978308_s_スペイン大手行.jpg  スペインの大手銀行BBVAが、BC(ブロックチェーン)上で1億5000万ドルのシンジケート・ローンを実施する試験を終えた。

 フィナンシャル・タイムズの7日の報道によると、BBVAは今回、スペインの電力事業者レッド・エレクトリカへの融資を行ったという。

 シンジケート・ローンでは、複数の銀行が協調して1人の借り手に融資を行う。今回のケースではBBVAに加え、日本の三菱UFJフィナンシャル・グループとフランスのBNPパリバが参加した。

 この融資のデータには各段階でタイムスタンプが付けられた。フィナンシャル・タイムズによると、最終的に3行間で締結された融資契約はイーサリアム(ETH)BCに記録され、その「真正性」が確保されたという。

 従来のシンジケート・ローンの手続きでは、銀行は複雑な情報をファックスで共有する。この手法では手続きに時間がかかるだけでなく、費用もかさむ。BCは銀行による情報のやり取りをほぼリアルタイムにし、2週間かかっていた融資手続きを1、2日に短縮すると考えられている。手作業を無くすことは、事業費の削減にもつながる。

 BBVAは今後もシンジケート・ローンに関するBC試験を実施する計画だと報じられている。実のところ、同行は過去にもBC技術を調査している。

BBVAは4月、非公開のデジタル台帳と公開されているイーサリアムBCの両方を利用し、試験的に9100万ドルの法人融資を行っている。


(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/bbva-puts-150-million-syndicated-loan-on-ethereum-blockchain/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて