AMD、第3四半期のマイナー向けGPU販売「無視できる程度」

93350431_s.jpg  AMDによる仮想通貨マイナーへのグラフィックカード販売は、ほぼ枯渇した。

 AMDは24日、第3四半期におけるBC(ブロックチェーン)関連のGPU販売による収益は「無視できる程度」で、パーセントでみて売上の「1ケタ台後半」を占めるに過ぎないと述べた。前四半期にもこの分野の収益は減少していた。

 全体としては、AMDのコンピューティング及びグラフィック事業の収益は第2四半期から14%減、前年比で12%増となった。

 AMDは前回行われた7月の四半期報告で、第2四半期の収益の約6%が仮想通貨マイナーへの販売によるもので、第1四半期の10%から減少したと述べていた。

 AMDは当時、マイナーへのGPU販売は減少が続くと予想していた。24日の報告はこの予想を裏付けている。

 AMDのリサ・スーCEO(最高経営責任者)は7月25日の電話会議で、「BCからはほとんど期待しておらず」同業界からの収益見通しを引き下げたと述べていた。

 少なくとも3月以降、AMDはGPU収益に対する市場予測を弱めている。しかし同社は年次報告書で、仮想通貨市場の不安定さがこの分野での営業収益に悪影響を与えるかもしれないと警告している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/amd-gpu-sales-to-crypto-miners-was-negligible-in-q3/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて