イーサリアム財団、スタートアップ向けに約300万ドルの助成金

86479888_m.jpg

 イーサリアム財団は、進行中の助成プログラムの一部として、BC(ブロックチェーン)・スタートアップと開発者に対して300万ドル程の助成金を捻出する。

 15日、イーサリアム財団の助成金チームは、ブログで助成金の第4弾を発表した。合計で286万ドルの助成金が、20の異なる個人とグループに対して、顧客の多様性やユーザビリティ、スケーラビリティ、セキュリティ、単純にツールを作るために捻出された。

 以前報道された通り、もともと助成金プログラムはイーサリアム・ブロックチェーンの開発支援を意図したもので、非中央集権型のアプリとスマートコントラクト・テクノロジーの開発支援がなされていた。

 最も大きな助成は、プリスマティック・ラボ社とステータス社に対して行われており、それぞれ50万ドルの助成を受けて、イーサリアム2.0の構築に利用された。スパンクチェーン社とキョカン社、コネクスト社もまた、43万ドルの助成を受けて、ノン・カストディアル・ペイメント・チャネル・ハブ向けのオープンソース・ソフトウェア開発キット(SDK)のために利用された。

 15日、同チームは「イーサリアムに時間とエネルギーを注いでいる。この助成プログラムが成長し続ける間は、意思決定プロセスにより多くのコミュニティメンバーを巻き込み続けるだろう。」との声明文を公表した。

 声明では、スーテタス社のCOOナビル・ナガディはコインデスクに対して、「イーサリアム財団がこの研究構想に共同出資し、このエコシステムに参加する皆の利益となるように我々の価値やビジョンを実現していく事を誇りに思う。」と述べた。また、「この助成のおかげで、他のクライアントチームと協力して、同じ問題の解決に向かって優秀な人材が協力して取り組むことができる。イーサリアムが直面している課題は、プロジェクトあるいはチーム固有のものではなく、皆にとってのものである。」と続けた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/ethereum-foundation-unveils-latest-round-of-startup-grants/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて