GMO、19年に円ペッグのステーブルコインを発行

25779792_s.jpg

 日本のIT大手GMOインターネットは、ステーブルコイン発行の時流に乗って、19年に円ペッグ仮想通貨を発行する予定だ。

 同社の9日の発表によれば、ブロックチェーン(BC)を利用した送金・決済ビジネスに参入するため、総力をあげて「GMO Japanese Yen(GJY)」と呼ばれるステーブルコインを発行する。

 GJYは、19年度にゼット・ドットコム社(仮想通貨事業への参入のためGMOにより設立された仮想通貨交換の子会社)を通じてアジア市場で発行される予定だ。

 また、マイニング領域にも参入し、あおぞら銀行と協力して設立した新ネット銀行では、クロスボーダー決済のためにブロックチェーン技術を応用する予定で、GJYの導入はGMOが決済領域に参入するのに役立つ、と続けた。

 GMOは、価格を維持するために様々な方法を用いるステーブルコインを発行する、直近数カ月で最も新しい企業だ。

 7月、IBMはステラープロトコル活用のドルペッグのステーブルコイン発行を明らかにした。また、先月、仮想通貨交換所ジェミニやブロックチェーン関連スタートアップ企業パクソス、仮想通貨支払いサービス提供会社サークルはドルペッグのステーブルコインを現在取扱中と公表した。

 円ペッグコインを提供するのはGMOだけではな。中国に拠点を置く10億ドルのブロックチェーン・ファンドは、9月中旬に円ペッグコインを発行する計画を明らかにした。その発行は18年末から19年初旬を予定している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/internet-giant-gmo-to-roll-out-yen-pegged-crypto-stablecoin-in-2019/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて